これからFXを始めようと思ってる人に向けて役に立ったらいいなと思って書き始めました。
今回は「その7」です。



前回に引き続き「トレードの本質」第2弾です。


前回はトレードにおいて【何もしない】ことも重要な投資行動の一つであり【損失回避】であることを書きました。



今回は【買う】【売る】についてです。

トレードの話をする前に、皆さんの普段の購買行動について質問です。
普段の買い物で、【できるだけ高く買いたい】って思ってる方いますか?
逆に読み終わった本をBOOK OFFで、【できるだけ安く売りたい】って思ってる方いますか?
ひねくれずに考えてくださいねw









どちらもあまりいないのではないでしょうか。
【できるだけ安く買いたい】、【できるだけ高く売りたい】って思う人のほうが多いですよね。



この感覚、【投資に持ち込むと痛い目見ます】

なぜか、ということを順番に説明していきますね。
まずは【買い】から。(ドル円を買いでエントリーするという前提で説明します。)

できるだけ安く買いたい。そうすれば価格が上昇したときに利益が出る。
そう思いますよね。
もちろんそのとおりです。


では安く買おうとするとき、相場はどのような状況ですか?

価格が下降してますよね


前回の記事を思い出してください。


【価格が下がっていれば売る】でしたよね。
つまり安く買おうとすることはトレードの本質から逸れた行動なのです。


更に、自分が思う安いは他の人からすると高い可能性もあります。
相場を動かしているのは自分だけではありません。
多くの参加者の多数決によって動いているのです。
なので【価格が下がっているときは売る】なのです。





では次は【売る】についてです。(ドル円を売りでエントリーするという前提で説明します。)
できるだけ高く売りたい。そうすれば価格が下落したときに利益が出る。
これもそのとおりです。


では高く売ろうとするとき、相場はどのような状況ですか?


もうおわかりですね。


価格が上昇しています


ということは、これもトレードの本質から逸れた行動ですよね。
なぜなら【価格が上がっていれば買う】だからです。


普段の購買行動の感覚でトレードをすると確実に失敗します。
安く買うことも、高く売ることも一般のトレーダーには非常に難しいのです。(いわゆる逆張りと呼ばれる行動です。)
トレードにおいては値切りも、価格交渉もできませんw





トレードの本質である
【価格が上がっていれば買う】
【価格が下がっていれば売る】
【順張り】と言います。


トレードは【順張り】が基本です。

絶対に順張りをしてください。
でないと確実に失敗します。
【勝ち続けている】トレーダーは順張りしかしていないと言っても過言ではないでしょう。

ではどういったタイミングでエントリーしたらいいのか?


次回はエントリーの仕方について書いていきます。
ぜひまた見に来てください。


それでは今回はこのへんで。


バイバイ👋