こんにちは。
ナリミヤです。


【好きなことで生きていく】
この言葉、これからの社会のキーワードになりつつあります。
なぜなら、AIやら人工知能やらが発達すれば、必ず今人間行っている仕事をAIや人工知能が代用するようになる。
これはもうだいぶ昔から言われていること。
今人間に仕事があるのは人間にやらせたほうがコストが低いから。
AIや人工知能の導入コストが人件費を下回れば代用可能な仕事はどんどん取って代わられる。



今の自分の仕事はどうだろうか?
AIや人工知能、ロボットでもできる仕事ではないだろうか?
少なくとも私の仕事は代用可能である。



私の勤める会社は雇用を守ってくれそうな大企業なので解雇は無さそうだが、今以上にやりたくない仕事をやらされる可能性は大いにある。
【お金のためだけに雇用されて働いている】という価値観の私にとって、これ以上辛いことはない。



堀江貴文さんの著書の多くに【これからは好きなことを仕事に】というキーワードが出てきます。
私は堀江貴文さんのことが特段好きだとか、崇拝している、といったわけではありません。
ですが、書いてある内容は論理的で理にかなっているため納得しない理由もありません。


更に言うと【成功しているYouTuber】もお金稼ぎでやっている人ってほぼいないと思っています。
ヒカキンさんがいい例で、もともとビートボックスが好きで、ビートボックスの動画をYouTubeにアップしていたら、たまたまスーパーマリオの効果音の動画が大当たりした。そして世界中の人がヒカキンさんの動画を見るようになった。だからいろんなおもしろ動画をアップするようになった。
まさに【好きなことが仕事になった】事例ですよね。



おそらく、YouTuberブームに乗っかって【お金目的】ではじめた人は早々に消えていると思います。
有名なYouTuberの多くは【面白い動画が作りたい】とか【自分の趣味を共有したい】などの理由ではじめた人たちだと思います。


つまり、【自分の好きなこと】を続けた【結果】それが仕事になったというわけです。
【仕事にすること】が先ではなく、【結果として仕事になった】ということがポイントだと思います。


投資はお金目的で始める人がほとんどです。
そしてそれは何も間違っていません。お金を稼げなければ居ても意味のない世界ですからね。

しかし、お金以外の楽しさを見つけられた人だけが稼ぐことができ、生き残れる世界でもある。
私は最近、投資の世界をそのように捉えています。