人間は日常生活の中で損を避けるために抵抗をします。

例えば10万円の商品を購入し、欠陥があったら苦情や文句を言うこともせっかく高いお金を払って買った商品に対して損を確定させないための抵抗と言えます。


これを投資に置き換えて10万円の損失が出ていた場合、損切りができない人も損を確定させないための抵抗をしていると言えるのではないでしょうか。


日常生活の中で苦情や文句を言う人は、きっと投資の世界でも損切りができない人が多いのではないかと思います。

極端かもしれませんが、
「まぁいいか、また買えば」
くらい寛大な人のほうが投資でも上手くいくのかもしれません。


クレーマーと損切りできない人の特徴は、投資で勝てない点で共通していることがあるのかもしれません。